敢えて後れたるに非ず、馬進まざればなり

ことわざ

敢えて後れたるに非ず、馬進まざればなり

「敢えて後れたるに非ず、馬進まざればなり」の読み仮名

あえておくれたるにあらず、うますすまざればなり

「敢えて後れたるに非ず、馬進まざればなり」の意味

敢えて後れたるに非ず馬進まざればなりとは、自分の功績を自慢せず謙遜するというたとえ。

コメント