石橋を叩いて渡る

NO IMAGE

石橋を叩いて渡る

「石橋を叩いて渡る」の読み仮名

いしばしをたたいてわたる

「石橋を叩いて渡る」の意味

壊れるわけのない石でできた橋を、安全を確かめるために叩いて渡るほど用心するという意味。 慎重な人や臆病な人に使われることが多い。

石橋を叩いて渡るの使い方

女の子
女の子
「石橋を叩いて渡る」を日常で使うにはどんな風に使えばいいかな?
「石橋を叩いて渡る」は、すっごく気をつけてねとても丁寧な人という意味と、慎重すぎる人への皮肉のような意味でも使われる言葉なんだよ。
くじら
くじら
女の子
女の子
へー!そうなんだ!いろんな使い方ができるのね!私も使ってみたい!どんな風に言うの?
この仕事にはわが社の未来がかかってるんだ!だから石橋を叩いて渡るくらいの気持ちで望んでくれたまえ!!!
くじら
くじら
女の子
女の子
わっ!なんだかえらい人になったみたい!
あの先生はいつも石橋叩いて渡るくらい丁寧だから、授業の進みが遅いな
くじら
くじら
女の子
女の子
たしかに早く終わって遊びにいきた~い!

ことわざカテゴリの最新記事